ニキビの跡を消す方法

顔のニキビの跡を消す方法

ニキビ跡の赤みが消えない理由

ニキビ跡の赤みが消えないと悩んでいる人は
ニキビができた人なら大抵は体験されていることでしょう。

ニキビができて、ひっかいてしまったり、
症状が重い状態になって白いニキビから赤く炎症をおこしてしまい
そのままニキビ跡として肌に目立つ形でぽっつりと残ってしまう・・・。

こうなると素肌を人に見せるのをためらってしまいますよね。

こういう形で残ったニキビ跡は軽めのものならば、
きちんと化粧水や薬などを使って対処すれば大丈夫です。

そのための専用ジェルや化粧水もたくさん発売されていますし、
自分に合うものを探して使っていけば
時間はかかっても跡が残らずにきれいに元通りの透明な肌を取り戻すことも可能です。

問題はニキビ跡がひどい状態の時です。

この場合は、正直いって完治は難しいです。

比較的目立たない状態にすることは
病院にいけばなんとかなるかもしれませんが、
少なくとも自宅で自分で行うのは無理でしょう。

ニキビ跡がひどい状態の時は毛穴が広がってしまって、
角質が剥がれてしまっている場合があります。

この場合、肌を正常な状態に戻し新陳代謝によって赤みを消したとしても
毛穴の奥、肌の表面部分でなく真皮層が見えた状態になっているわけですから
毛穴を小さく目立たせなくできても真皮層が見えた状態が続くわけです。

これでニキビ跡の赤みが消えないように見えてしまうわけですね。

こういう状態になるにはニキビで痒くて
爪で引っ掻いて肌を傷つけてしまったりした場合に多く
表面の皮膚を破った状態になっています。

もし、あなたが今ニキビに悩んでいるのなら
できるかぎり手で触ったりしないようにしてください。

一時的にかゆみが治まっても必ず後で後悔する結果になりますよ。

皮膚科でレーザー治療を受ける前に

ニキビ跡がひどい状態の時には完治が難しいということを紹介しましたが、
できるかぎり目立たせなくさせることは容易とはいいませんが可能ではあります。

方法はたった一つ、皮膚科でレーザー治療を受けることです。

この方法は、ニキビ跡に悩んでいる方にとっては最終手段になるでしょう。

ニキビ跡に悩んでいる人はおそらくニキビやシミにも悩みがちでしょうが
ニキビ跡だけでなく、今現在もニキビに悩んでいる、
あるいは肌のシミなどの色素沈着が残っている場合にもレーザー治療が有効です。

レーザー治療というとちょっと怖いかもしれませんが、
きちんと確立された医療方法ですし
手術を受ける前に医師から説明がありますので安心してください。


ただし、この皮膚科でレーザー治療を
受けることにはデメリットがいくつかあります。

まず第一に治療費が高額なことです。

インターネットでも広告がいくつか掲載されていますので
ご自分のお住まいの場所の周辺で探してみるといいです。

ニキビ跡の代表的な治療方法であるフラクセルレーザーだと
あくまで例としてですが、有名なところで両頬で1回40,000円になります。

そして治療は一度では済まない場合もあります。

ニキビ跡の状態がひどいと何回か日を分けて
少しずつレーザー治療をおこなっていきます。

時間がかかってしまうので、
腰を据えて治療をしていく意志が必要です。

ニキビ跡を消したいならメルラインを試してみてください。

ただし、ほかのやり方では見放されている状態の場合は、
皮膚科のレーザー治療は実に有効な手段です。

いろいろなレーザー治療の専門サイトで
治療前と治療後の肌の違いを見てください。

きっとあなたも受診してみようかと心を動かされますよ。